主なカテゴリ
  • 歯周内科
  • インプラント
  • マウスピース矯正
  • 小児矯正
  • ホワイトニング
  • 審美歯科

歯周内科

歯科における2大疾患といえば、「虫歯」と「歯周病」。
これは現在の歯科医療においては、感染症であるという結論がでています。感染症なら風邪のように薬で治らないのでしょうか?

多くの歯科医師が知恵を出し合った結果生まれたのが、薬で簡単に歯周病を治す歯周内科という治療法なのです。

右記のシステムにより、顕微鏡から送信された口腔内に存在する細菌を確認することが可能となりました。

歯周内科

歯周内科の治療方法

位相差顕微鏡での菌の確認

顕微鏡検査では歯周病菌やカビ菌がほとんどの方に見られます。患者様の口の中の汚れをほんの少し採取し、それを顕微鏡で確認します。

顕微鏡で見ることで、今現在の菌の状態を確認することができ、歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態になっていくのかが分かってきます。

位相差顕微鏡での菌の確認

細菌の除去薬剤の内服

実際に細菌が確認された状態です。

その細菌に合わせた除去薬剤を処方いたします。

>> 写真は「トレポネーマ」

体力が落ちたり免疫力が落ちたりすると、
歯周病を発生したりする事がある細菌です。

細菌の除去薬剤の内服

カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き

薬で虫歯の原因となるカビを除去します。

除去後の歯石とり

歯石をとり、歯を美しくします。

再発を予防するには

原因となる菌は口腔内常在菌といって、お口の中に必ず住み着いている菌です。
徹底的にやっつけても、空気中や食べ物や手の指などから再びお口に戻ってきます。
全滅させることは不可能なのです。
カビ菌は歯周病菌の快適な住みかにもなりますので、再発しやすくなります。

毎日の歯磨きと歯科医院における定期的なプロフェッショナルクリーニングが大切です。
定期的に歯科医院に通って、再感染していないか、カビ菌が増えすぎていないか、顕微鏡で確認し、クリーニングを行う必要があります。

歯周病治療終了後に注意するべきこと

  1. 1:再感染

    歯周病は細菌による感染症なので、再感染に気をつけましょう。
    回し飲みや回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなどが感染ルートとしてあげられます。
    特に恋人・夫婦などパートナーからの性感染が一番危険です。
    パートナーの方と同時に治療なさることをおすすめします。

  2. 2:お口の中を清潔に

    歯周病を起こす細菌が感染しにくいように、お口の中を清潔に保つように心がけましょう。
    歯石や原因となる菌を定期的に除去して、毎日の適切な歯磨きをしましょう。

  3. 3:定期検診

    歯周病を起こす細菌が再感染していないか、また、お口の中が感染しやすい環境になっていないか、歯科医院での顕微鏡を用いた定期検診を受けるようにしましょう。

PAGE TOP

コンサルティングの部屋

まつうら歯科医院では、歯科医療だけでなく、お口周りの歯科エステ、サプリメントを扱うなど、お口からの健康を提案させていただきます。一人ひとりとじっくり話し合ってより良い治療を目指していきます。診療室が個室なので、お気軽にご相談ください。

  • 歯科医療について
  • 歯科エステについて

コンサルティングの部屋